克服日記

豆乳と青汁を混ぜると抹茶みたいでおいしい

親は子どもの嫌いなものを、体に良いから何とか食べさせようと工夫します。
それと同じように、味がどうしても苦手だという食品でも、工夫次第でとてもおいしいものに変身します。
今回は、その見た目と匂い、味で苦手な人も多い青汁を使ったレシピを紹介します。

その前にまず、青汁の効果について紹介しましょう。
ずばり、健康と美容です!
大抵青汁は粉末状で販売されていますが、含まれている栄養分は計り知れず、ビタミンや食物繊維、カルシウムがもたらす効果は便秘の改善や美白効果にとどまりません。

そんな青汁の風味を抑えつつ、豆乳と合わせるレシピが、今回紹介するものです。
作る際はまずシェイカーを用意しましょう。

まず、そのシェイカーに青汁の粉末を一袋入れます。
粉がこぼれてしまわないようにふたがきちんと閉まっているかどうか事前に確認しましょう。
次に、蜂蜜をシェイカーに入れます。
どちらも安価のもので構いませんが、お気に入りの青汁と蜂蜜を使いましょう。

そこに、調整豆乳を好きな量入れます。
次に、シェイカーで粉末や蜂蜜が残らないようにしっかりシェイクします。
それをコップに次げば、もう完成です。
使う豆乳は個人的に飲みやすいものを使いましょう。
こんな風に豆乳抹茶を活用して、日々の健康に役立てましょう。


このページの先頭へ