克服日記

青汁は本当に花粉対策になるのか?

桜が綺麗に咲く春…世の中は花見やそれに伴うごみ問題などで盛り上がりますが、その傍らで春を楽しみたいのにあまり楽しめないと感じている人がいます。
その一つが、『花粉症』です。
花粉症は、体が花粉を敵とみなし、追い出そうとするためにアレルギー反応が出るので、鼻水やくしゃみなどが症状として表れるものです。
日本人の2割~3割ぐらいの人がこの花粉症に悩んでいると言われています。
花粉症は子どもの頃症状があらわれなくても、大人になってから発症する場合もあり、怖いですよね。

そんな方たちに試していただきたいのが、『青汁』です。
青汁と言えば、消化を促して便秘を解消http://www.talsheynmakeup.com/hbe.htmlしたり、血糖値を下げたりするといった特徴が際立っていますが、花粉症にも効果があると言われています。
何故でしょうか。
青汁には、様々な栄養素が含まれていますが、その中でも、『ケール』(に含まれる糖脂質)と、『フラボノール配糖体』という成分が関係しています。

青汁の原料にもなっているケールには、アレルギー反応を抑える働きがあるため、鼻水や咳などの症状を緩和できます。
また、フラボノール配糖体の働きにより、症状の進行を抑制することができます。
今まで花粉症に悩んできた方は是非、青汁を試してみてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ